アルブチン

  • シミ

    シミ





1990年に医薬部外品として厚生労働省に承認された美白成分です。
皮膚への刺激性がなくアレルギーにも安心なアルブチンは、ウワウルシ・コケモモ・ナシなどの葉に含まれている天然のハイドロキノン配糖体「β(ベータ)アルブチン」と、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させ科学的に合成した「α(アルファ)アルブチン」の2種類があります。
αアルブチンはβアルブチンに比べ人工的に美白効果を高めていますが、医薬部外品として認可されているのは天然のβ-アルブチンです。
アルブチンは、シミの原因となるメラニン色素を作り出す酵素「チロシナーゼ」の働きを抑える作用を持ちメラニンの生成そのものを予防するので、高い美白効果があるのです。
アルブチンとハイドロキノンは、どちらも美白効果のある成分ですが、アルブチンは、これからのシミやソバカスなどの予防。ハイドロキノンは、過去にできているシミやソバカス、色素沈着を薄くする働きがあります。

関連商品

その他の成分