• 2018.12.20
  • 美白

目指せ白雪肌!冬は美白ケアに最適なシーズン

冬がやってきて、肌寒い日々が多くなってきましたね。
本格的な寒さの到来も、もうすぐです。

1~2月の乾燥のつらい冬に向けて、そろそろお肌のケアの見直しをしてみませんか?

冬も紫外線には要注意!冬でも日焼け止めは美白の「常識」

冬というと乾燥に気が行きがちですが、紫外線は夏よりは弱いものの、降り注いでいます。
むしろ乾燥や寒さと合わさって、紫外線の肌へのダメージは馬鹿にならないものなのです。

夏とは違い、紫外線だけではなく乾燥や寒さも考慮した日焼け止め対策をするのがお勧めです。SPFやPAも大事ですが、冬には乾燥や寒さから肌を守ってくれる保湿成分を多く含む日焼け止めが良いでしょう。

夏にできたシミが目立ち始めるこの頃、美容液で美白が大事

そろそろ、夏に溜まった紫外線のダメージがシミやそばかすとなって表れてきていませんか?

こんな時には、肌トラブル対策にビタミンA・ビタミンCがお勧めです。

ビタミンAは修復のビタミンとも呼ばれており、シミやそばかすの改善に始まってニキビの改善、
角質のターンオーバーの正常化などの効果が期待できます。

その中でも、ビタミンA誘導体であるパルミチン酸レチノールは、ビタミンAの効果に加え、
コラーゲンなどの生成を促進させ、肌にハリをもたらす効果が高い成分です。

夏に蓄積してしまったシミやそばかすをカバーするには、もってこいですね。

皆さんもご存知、ビタミンCは美白効果・抗酸化作用があり、肌の守り神ともいえる存在です。

肌に出来てしまったシミやそばかすを薄くしてくれる効果や、肌の炎症も抑えてくれます。
ビタミンCは壊れやすいので、化粧水などにはビタミンC誘導体という形で入っていることが多いです。

メラニンの生成を抑え、しみとそばかすを防ぐ効能があると認めた成分中代表的なものにはビタミンC誘導体。
メラニンの排泄を促進効果もあり、メラニンを還元して白くする、皮脂分泌を抑制したり、
抗酸化作用があったり、コラーゲンの生成促進したりと、さまざまな効果があります。

ビタミンC誘導体は種類があり、水溶性と油溶性があります。
水溶性ビタミンCは、即効性は高いが肌内部で安定が難しいというもの。
油溶性ビタミンCは安定性は高いが、即効性には欠けるというものです。

その二つ欠点を改良した水溶性と油溶性の良さを併せもつ進化型ビタミンC誘導体が
APPSといい、浸透力は普通のビタミンCの100倍を誇ります。
APPSは、肌の真皮までビタミンCが届くので、他のビタミンC誘導体よりも効果が期待できます。

冬の乾燥はくすみのモト!これからの乾燥の季節に向けて保湿

冬の乾燥に備えるためにも、今からしっかり保湿することがとても大事になってきます。

乾燥によるくすみとは、肌がカサつき、暗くくすんだ状態のことです。
肌表面にツヤがなく、暗い印象を与えやすいと言われています。

肌質や年齢を問わず誰にでも起こる可能性がありますので
毎日朝晩の2回の洗顔後に、保湿を特に意識したスキンケアを行いましょう。

保湿はエイジングケアでも欠かせないシアバターやホホバオイルが冬の間は顔だけでなく、
手や身体にも使える万能選手として有名ですね。

また、保湿因子は外から補充するだけでなく、もともと備わっているものもあります。
保湿だけでなく、毎日の睡眠をしっかり摂るなど生活習慣からも肌の健康を保ちましょう

「UV対策」、「美白」、「保湿」の三位一体ケア

冬の肌対策は乾燥と低気温のため、保湿が最も大事になってきます。
更に夏と違って紫外線が弱いため、この時期に夏のダメージを回復させることも、若々しい肌を保つためには必須です。

もちろん、弱いながらも紫外線は降り注いでいますので紫外線対策が必要ないわけではありません。
太陽がある限り紫外線は365日降り注いでいるもの。

特に秋〜初冬にかけてはまだまだ紫外線量の多いシーズンですが、
紫外線対策と乾燥対策を行っておくことで、肌の調子が落ち込みがちな冬でも、
ハリや透明感をキープすることができるはずです。

そんな冬にお勧めのケア化粧品が、広尾プライム皮膚科とドクターソワが作った
ドクターズコスメ「アマランス」シリーズです。

「クリニックのケアを自宅で」をコンセプトに作られた、
クリニックでの治療に実際に使われている成分を贅沢に配合した化粧品です。

UV対策には「APP-C サンシールド」がおすすめ!

https://www.shop.drsoie.com/items/appc_uv/

毎日使う日焼け止めは、スペシャルなものをチョイスしたいもの。

アマランスのAPP-Cサンシールドは、肌に負担のかかる紫外線吸収剤を使用せず、
ノンケミカル、UV-A、UV- B二つ有害紫外線をブロック。デリーケートな肌に優しい処方です。

かつ、APPS(ビタミンC誘導体)ヒアルロン酸、3種類潤い成分
(ブトウ果実エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ)配合、
保湿成分をたっぷり含んでいるので、伸びがよくお肌に程よくフィットします。

日やけ止めしながらアンチエイジング。
国内最高いレベルのUV指数で紫外線はしっかりカットで、至れり尽くせりの日焼け止めですね。

美白対策にはビタミンC美容液「APP-C フラセラム」

https://www.shop.drsoie.com/items/appc_fulla_serum/

肌なじみ抜群の高浸透進化系ビタミンC誘導体APPSを贅沢に配合している、プレ美容液です。

化粧水の前に使用することで、APPSの効果が直接肌の真皮奥へ届いて効力を発揮します。
APPSは、なんと通常のビタミンCの100倍以上素早く肌に浸透すると言われる驚きの成分。

さらにノーベル賞を受賞した成分「フラーレン」を配合して、強力な抗酸化の効果も。
美白だけでなく、シワ、たるみやニキビ、あらゆる肌トラブル対策に期待ができます。

冬の保湿には「プレミアム クリーム」

https://www.shop.drsoie.com/items/premium_cream/

上質なシアバター、ホホバ油、医療用コラーゲンなどの贅沢な保湿成分を配合。
プレミアムと呼ばれるだけあって、保湿だけではない「アンチエイジング成分」もたっぷり含んでいます。
抗酸化成分αリポ酸、トロフェロールやカルノシンなどで肌老化原因酸化と糖化をケア。

その中でも注目は、DMAE!
アメリカでは脳の中枢神経を活発にする、アルツハイマーを予防して記憶力や
行動力を高め若返りサプリメントとして人気が高く有名です。

もともと脳に存在していますが、減少すると二度と生成できない伝達物質のアセチルコリンが
年齢を重ねていくと共に減少していき、神経伝達のバランスも崩れ、顔の筋肉が弱まることで顔のたるみを引き起こします。

DMAEは皮膚細胞に含まれるアセチルコリンと同じ作用を持ち、
弱まった筋肉の神経伝達を緊張させて肌のハリを取戻し、たるみやシワを改善します。
さらには血管循環作用によってくすみやむくみを取り去ります。

乾燥が気になる方だけでなく、エイジングケアも一緒に…という欲張りな方にも太鼓判のクリームです。

今年の冬もこれら3つで、UV対策・美白・保湿はばっちりです。
どれも美肌のために考え尽くされたアイテムですので、1回お試しになってみてはいかがでしょうか。

美容部員

美容部員 (鮎沢 麻美)
の記事をみる

 プロフィールを見る

◆これまで、美容皮膚科、エステサロンなど美容の現場で経験を経てきました。
現在は、これまでの経験を活かし、美容皮膚科学に基づく「クリニックのケアをご自宅で」をコンセプトにしたドクターズコスメのプロモーションに携わっています。このサイトを通して、様々な情報を日本のみならず海外へも発信していきたいと思います。

◆美容歴
7年以上

◆血液型
A型

◆趣味/マイブーム
テニス/タイ料理を食べること

◆人から言われる長所と短所
 長所~フットワークが軽い
 短所~せっかち

◆好きなタイプ
 ライオンみたいな人

◆好きな言葉
「成せば成る。」

◆口癖
「やっぱり」

カテゴリー

現役肌プロメンバー