女性は夏に年を取る!?肌の老化を防ぐ正しい夏のスキンケアとは

ついに夏本番ですね!

暑い日が続いていますが、みなさん、お肌の調子はいかがでしょうか。

しっかりと紫外線対策をしているのに、なぜか肌の調子が悪い、くすんでいる気がする……。

そんな方はスキンケアをいつも通りにしているだけだったりしませんか?

夏は、紫外線対策はもちろんですが、保湿ケアや洗顔にも特に気を配らないといけない時期でもあるのです。

そこで今回は、夏場の正しいスキンケアについてご紹介していきたいと思います。

 

◆ 夏の肌はどんな状態

<<紫外線>>

夏の紫外線量は、冬の2倍と言われています。

曇りの日でも、車内や室内でもかなりの紫外線を浴びる時期です。

日焼けによるシミ・ソバカスだけでなく、紫外線は、表皮を透過して真皮にまで届き、

コラーゲンを傷つけてしまうため、ハリ・弾力の低下にもつながります。

 

<<乾燥>>

紫外線やエアコンによる乾燥以外にも、汗をかくことで皮脂が余計に気になります。

汗を拭きとったり、洗顔を多くしたりするせいで乾燥も一層進みます。

さらに、肌が乾燥すると、この角質層のバリア機能が低下するため、

紫外線のダメージを強く受けるようになります。

 

<<冷え>>

エアコン・薄着・冷たい飲み物や食べ物による体の冷えで、

血の巡りが悪くなり、肌のターンオーバーも乱れがちに。

 

夏は肌にとって過酷な時期なので、しっかりケアを行っていかないとガサガサのたるみ肌へまっしぐらです。

 

◆ 夏の季節に気を付けたいポイントは「紫外線」

まずは、紫外線の対策として、日焼け止めが基本です。

日焼け止めは、こまめに塗りなおすのが常識になってきましたね。

基本はSPF=20分の紫外線ケアです。頻繁に塗りなおしを心がけるようにしましょう。

また紫外線がきつい時期は、さらに日傘と帽子を追加するとなお良いです。

日焼け止めと合わせれば、直射日光の95を遮ることができますので、ぜひ取り入れていきましょう。

 

◆ 夏の正しいスキンケア方法

 

夏場は皮脂が多く分泌され、汗汚れも付着しやすくなっています。

洗顔ではしっかりお化粧を落としつつ、つっぱらないものを選びましょう。

 

紫外線を多く浴びる夏には、化粧水は保湿目的のものよりシミ対策の化粧水を選ぶことが大事です。

ビタミンC誘導体の化粧水はシミ対策に効果的なうえ、

シワやたるみの原因になるコラーゲンもサポートしてくれる、一石二鳥の美容成分なのです。

皮脂が多くなるので夏は化粧水のみ、という方もいますが、あまりお勧めしません。

紫外線やクレンジング・冷房などにより、肌のうるおいは奪われています。

かといって、クリームを塗ると皮脂過多になる方が多いのも事実。

夏場はべたっとしてしまう……という方は、クリームよりも乳液タイプを使いましょう。

 

さらに、美容液は必須アイテム。

油分が少なめのさらっとしたタイプの保湿成分が配合された美容液がお勧めです。

保湿成分は「セラミド」「ヒアルロン酸Na」「水溶性コラーゲン」

「エラスチン」「ヘパリン様物質」などが配合されたものを選びましょう。

 

シミ対策や美白効果を期待している方には、ビタミンC誘導体の美容液をプラスするというのもおすすめです。

特に選んでほしいのは、進化型ビタミンC誘導体「APPS(アプレシエ)」が高配合されている美容液。

APPSは、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したもので、

従来のビタミンC誘導体よりも、さらに機能性の高い特徴を持っています。

塗布だけで高い浸透力を誇り、従来のビタミンC誘導体と比較すると

約100倍の浸透力があるとも言われています。

更に、抗酸化作用が高くフラーレンも高配合している

ドクターソワのAPPC-フラセラム(https://www.shop.drsoie.com/items/appc_fulla_serum/)は、

美白やシミへのアプローチだけでなく、皮脂の抑制・毛穴ケアもできるので

夏場の美容液としては、イチオシです。

 

また、夏場のスペシャルケアとして、ピーリングも併用するのもおすすめです。

シミの原因のメラニンを外へ排出してくれます。

シミ対策だけではなく、健康な肌のバロメーターとなるターンオーバー(再生サイクル)のサポートや、

シワ・たるみ・毛穴の開きの原因になるコラーゲン・エラスチンの生成にスイッチを入れてくれます。

APP-C モイスト ピーリング(https://www.shop.drsoie.com/items/appc_moist_peeling/)は、

酸を使っていないので肌に優しく角質ケアをできるだけではなく

APPSを配合しているので美容効果も高い商品です。

 

 

乾燥する冬より、紫外線や冷房にさらされる夏の方が肌老化を促進しやすいということが

おわかりいただけましたでしょうか。

夏の乾燥肌を引きずったまま、秋冬を迎えてしまうと肌のトラブルも発生しやすくなってしまいます。

そうならないためにも、夏のスキンケアもしっかりと保湿対策を行うことが大切です。

夏は洗顔と保湿ケアに特に気を付けて、美肌を守っていきたいものですね。

美肌サポーター

美肌サポーター (立石 容子)
の記事をみる

 プロフィールを見る

株式会社ドクターソワ 美肌サポーター

国内メーカーにて美容部員として勤め、その後化粧品通販業界へ。
日々進化する美容法を学び、「楽しみながらのスキンケア♪」を
モットーにより多くの皆さまをハリ艶肌へ導く術を研究中。

◆美容歴
美妖となりつつある8年以上

◆血液型
O型

◆趣味/マイブーム
温泉/平日の健康ランド

◆人から言われる長所と短所
長所 ~ 前向き

短所 ~すぐ忘れる

◆好きなタイプ
旦那さん グフっ

◆好きな言葉
初心忘るべからず、情熱

◆口癖
「やったぁ」

カテゴリー

現役肌プロメンバー