肌悩みの原因のすべては光老化から?いますべきケアはこれ!

紫外線が強いこの季節、みなさま対策はどうされていますか?

紫外線を長時間・長期間浴びることで、
肌にシミやシワなどのトラブルを引き起こす症状を「光老化」と言います。

美容に関心の高い方ならば、「光老化」というワードを聞いたこともあるのではないでしょうか?

アンチエイジングのキーとなる「光老化」

光老化は、加齢による老化とは違うものです。

生きていくうえで紫外線を浴びることは、
体内にビタミンDを作り健康を保つために必要なことですが、浴びすぎは肌にダメージを与えます。

紫外線をはじめ、可視光・赤外線も含む太陽光線を長時間浴びると、皮膚にシミ・シワ・たるみ等の害がでます。
それだけでなく、ダメージが大きくなると皮膚がんにまで発展する可能性があるのです。

近年ではこの光老化を防ぐのが、アンチエイジングにとって大事であるということがわかってきました。

シミ・シワ・たるみ、全ての原因に光老化が関係する理由は?

肌の老化は年齢を重ねることでも進みますが、
加齢による影響はなんと2割程度で光老化が8割を占めると言われています。

例えば、お尻や内ももなど日光がほとんど当たらない部位の皮膚には
お年寄りでもシミやシワはほとんどできません。

このことから、光老化がいかにシワ・シミ・たるみの原因になっているかが
お分かりいただけると思います。

また、皮膚がんの8割が日光に当たる部位に出来ることも知られています。

今の季節、これだけはしておきたいケア
紫外線が強くなるこの季節、一番大事なのはやはり日焼け止めでしょう。

長期のお休みがとれるので、外に出るイベントごとも多いと思いますが、日焼け止めは必ず塗布することをお勧めします。
帽子や日傘などの紫外線除けアイテムも活用しましょう。

また、日焼け止めは帰宅したらすぐにクレンジングなどで落とすのも忘れずに。
長時間の日焼け止めは、肌に悪影響です。

さっぱりと一度洗った後は、美白化粧水と保湿も忘れずに行いましょう。

皮脂が多いからと保湿をしないのはよくありません。
べたべたするのが嫌な方は、さっぱり系のクリームや乳液をお勧めします。

日焼け止めの選び方

日焼け止めは紫外線から皮膚を守ってくれる大事なアイテムですが、
その分肌に負担もかかっています。

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤の2種類がそれぞれ使われていることが多いです。
この内、紫外線吸収剤は肌に負担が大きく、肌の弱い方にはお勧めできません。

紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めには
「紫外線吸収剤不使用」や「ノンケミカル」と書いてありますので、
気を付けて見てみると良いでしょう。

紫外線吸収剤は肌の負担が大きいですが、その分紫外線のカット率は優れています。

どちらもメリット・デメリットがありますので、
自分の肌質やその日の行動によって使う日焼け止めを決めましょう。

「肌が弱いから日焼け止めはちょっと…」「日焼け止めは肌に悪そう」と言った方に
おすすめなのが、広尾プライム皮膚科と共同開発した日焼け止め。

紫外線吸収剤を使っていないのにSPF・PAは、国内最高指数のSPF50+ PA++++!
APPSを配合しているため美白効果・保湿効果も高いお勧めの日焼け止めです。

 

APPCサンシールド

APP-Cサンシールド

光老化対策、いかがでしたでしょうか。

小さいころからの積み重ねが大事だと言われている光老化ですが、今からでも遅くありません。

光老化を防止するには、季節に限らず紫外線対策が大事です。
若々しい肌を保つためにも、油断せず毎日の紫外線対策を行いましょう。

美容コンシェルジュ

美容コンシェルジュ (川田 容子)
の記事をみる

 プロフィールを見る

広尾プライム皮膚科/株式会社ドクターソワ 美容コンシェルジュ

外資化粧品メーカーでの販売やメイクインストラクターを経て、現在は美容皮膚科学に基づくスキンケアメーカーにて商品企画・開発に携わり、自らが効果を実感できる製品・成分を日々探求しております。健康的な「うなはだけあ」の肌(潤いがあり・滑らかで・ハリ・弾力のある・血色の良い・明るい肌)を目指し、自宅で手軽にできるセルフケアを楽しみつつ実践しています。

◆美容歴
25年以上

◆血液型
O型

◆趣味/マイブーム
香り/ヨガ・睡眠

◆人から言われる長所と短所
長所 ~ 素直

短所 ~ 誇大妄想

◆好きなタイプ
中性的な人

◆好きな言葉
宇宙

◆口癖
「どうしよう」

カテゴリー

現役肌プロメンバー