冬の乾燥に負けない!美容クリニック医師おすすめ保湿ケア

寒さもだんだんと増している今日この頃、みなさんお肌の調子はいかがでしょうか。
寒さと同時にやってくるのが乾燥です。

かさつきや、かゆみなどの肌の不調に悩まされてはいませんか?

冬は肌にとって過酷な季節

まず冬における肌トラブルの大きな原因は「冷えと乾燥」です。

この時期の外気は、まるで冷蔵庫と同じ。
冷蔵庫にそのまま入れた野菜がすぐに鮮度を失ってしまうように、
肌もそのまま放っておくと冷えと乾燥でカピカピになってしまいます。

さらにこの時期の室内は、暖かいもののエアコンによって乾燥しており、
肌は常に乾燥との戦いが繰り広げられている状態なのです。

また、冷えによって体内が冷え、代謝も悪い状態になりがちなのも、乾燥肌になる原因の一つです。

冬の肌を乾燥から守るためスキンケアは保湿重視

肌が乾燥すると、肌の一番外側の「角層」と呼ばれる
わずか0.02㎜の薄い細胞の層が影響を受けます。

この薄い層は、水分が蒸発するのを守り、さらに乾燥・刺激物質・アレルギー物質といった
外的刺激要因を防ぐ大切な部分です。

角層は水分と柔軟性を保つ「保湿機能」をもっており、
この機能で肌荒れ・かさつき・乾燥じわを防いでいます。

ですが、冬の過酷な乾燥は自らの保湿・バリア機能だけでは防げず、
ハリの衰えやシワを作ってしまう要因にも。

そのため、いつもより入念な保湿ケアが必要なのです。

内側からもうるおいキープ


保湿ケアは、外側からのお手入れに限った話ではありません。

保湿クリームやマッサージや加湿器なども大事ですが、
キレイな肌には食生活や睡眠などの生活習慣も大事だということを忘れないようにしましょう。

食事は肌の潤いを保つビタミンAや血流を促すビタミンE・鉄分などを意識して摂取するようにしましょう。

睡眠は大事ですが、忙しい年末年始はなかなか十分な睡眠をとれないことも多いと思います。

そんな場合は睡眠の「質」を高めることを心がけましょう。

睡眠前に入浴をして体を温めたり、深呼吸で自律神経を整えると深い眠りにつきやすくなりますよ。
是非お試しください。

やっぱり大事なのは、乾燥対策の基礎化粧品

乾燥の季節には、普段使いの化粧品にプラスして
オイルやクリームを使うこともお勧めです。

天然成分であるシアバター・ホホバオイルなどは、
肌が弱い方でも使いやすいオイルです。

医師が薦める保湿クリーム

では、どんなクリームが良いのかとお悩みの方に、
ぜひ使ってほしいのが”広尾プライム皮膚科で作った”私もお勧めの保湿クリーム。

プレミアムクリームです。

プレミアム クリーム

こちらはシアバターやホホバオイル、コラーゲンなどの保湿成分をたっぷり使っています。
他にもハリを出す成分など、冬にはもってこいのクリームとなっております。

ただのシアバターやホホバオイルよりは使いやすく柔らかいクリームなので、
シアバターやホホバオイルを使ってみたいという方にもおすすめの商品です。

生活習慣や保湿クリームなどを見直して、乾燥知らずの肌でいたいものですね。
これから本格的に寒くなります。

乾燥に負けないように頑張っていきましょう。

美容皮膚科医

美容皮膚科医 (谷 祐子)
の記事をみる

 プロフィールを見る

~広尾プライム皮膚科~ 院長

1993年広島大学医学部卒業、
大学病院にて形成外科、整形外科、都内美容皮膚科を経て、
2009年広尾プライム皮膚科勤務。

• 医学博士
• 日本形成外科学会専門医
• 日本臨床皮膚外科学会専門医
• 日本美容外科学会会員
• ドイツ医師免許(Approbation in Deutschland)

◆美容医療歴
15年以上

◆血液型
O型

◆趣味/マイブーム
室内楽ピアノ、主にヨーロッパ旅行/ドイツ語、ドイツ語

◆人から言われる長所と短所
長所 ~ 明るく楽しい

短所 ~ 気が多い

◆好きなタイプ
食べる、飲むことが好きで健康に関心のある人

◆好きな言葉
愛は胃袋をつかむ "Die Liebe geht durch den Margen"

◆口癖
「そうかもね」「なるほどね」

カテゴリー

現役肌プロメンバー